阪急電車

今日から公開されている映画「阪急電車」をご存知でしょうか?
小説、有川 浩著「阪急電車」を映画化したものです。

まさに、その沿線に暮らして毎日のように電車を見たり乗ったりしている私にとっては、とても親しみのある映画のようです。予告編をテレビでしていましたが、ちょっと景色が映るだけで「あっ!ここはどこの周辺だ」っていうことがわかります。

撮影用に臨時列車を50本以上走らせ、エキストラも3000人くらい使って撮影されたそうです。電車の中、駅の風景を撮影するのですから、たくさんのエキストラが必要ですよね。沿線に住んでいる人での公募があったそうなのですが、全然しらなかったな~。

「撮影してたよ」っていう友達もいたりで、何だかおもしろいです。


話は変わり、今、読んでいる本です。
f0077662_16254636.jpg

原子力発電の事はいろいろとテレビで報道されますが、内容がちんぷんかんぷんでよくわかりません。
で、今頃になって図書館でこの本が目に入り読んでみようと借りてきました。

この本は1996年に書かれたものです。
その中にギョッとする文章がありました。引用してみます。

「発電所の中央には、まだ設計図が届いていない『空白地区』があった。それでもその周囲では、最後には二つの部分がぴたりとつながるようにと願いながらの工事が続いた」これは私が日本で、福島原発の工事をした人から聞いた話と酷似している。
原子炉がうまく基礎に合わず、試験運転で激しい振動があったという。そして建造物をよけながら、後になって配管を継ぎ合わせたために曲がりくねってあちこち継ぎはぎだらけになってしまった。そうした場所だから定期点検には、作業員に非常な負担がかかった。ある作業員は配管の迷路にヘルメットがつかえてしまい、携帯用の放射線感知器が警報を発し続ける中、ようやくそこを脱出した、という事件があった。
私はその家族に会ったが、彼がその日、家に戻ってきたときに、もう原発では働きたくないと漏らしたという話を聞いた。その人は暫くして死亡したが、東京電力は放射能との因果関係をみとめていない。

15年も前に出版された本にこんなことが書かれているなんて・・・。
福島原発はこんなずさんな工事で仕上げたものだったのでしょうか・・・。国がかかわった建設とはこんなものなのでしょうか・・。

人が住めない、牛は飢え、作物も作ることができない・・チェルノブイリと同じことが起きている。
これからどうなっていくのでしょう・・・。
[PR]
by kuishinbou24 | 2011-04-23 16:48 | いろいろ


ガーデニング、音楽、料理、手芸などなど。。クロスステッチの「ピエール・ド・ロンサール」です。画像をクリックすると大きくなります。


by kuishinbou24

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

今年の夏は本当に暑いです..
by kuishinbou24 at 12:52
ご無沙汰しております。毎..
by duckbill at 11:06
ピカピさん 私も携帯は..
by kuishinbou24 at 10:17
こんばんは! わあ~~..
by pikapika-151 at 23:10
麻さん  日本に来られ..
by kuishinbou24 at 07:51

ブログパーツ

最新のトラックバック

近頃のお漬物♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
いかなごの釘煮
from 主に食材な備忘録
春めいてきた庭
from ひとり、キッチンにて幸せ
バター、また暴騰。
from ぴかままのおうち
夏を先取り!糸島ドライブ
from mocaのつらつら堂
筍を食べました!
from mocaのつらつら堂
京都から筍到来
from トレモロの響きにのせて
ようやく味噌を仕込みました!
from mocaのつらつら堂
雛人形
from ぴかぴのじみろぐ。
お味噌2回目も終了!
from トレモロの響きにのせて

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧